PR

護符の自作方法!開運、金運が上がる護符の書き方

護符の自作方法!開運、金運が上がる護符の書き方護符

護符を自分で作る方法についてお話します。

スポンサーリンク

護符は自作してもOK

護符は、霊能者や神職のかたに書いてもらう――というイメージがありますが、実は自作も可能です。

自作することで、護符に自分自身の意図や願いを込めることができます。

また、素材の選択や形状、色彩なども自分の好みや信念に合わせて調整できるため、よりパーソナルな護符を作ることができます。

自作した護符は、自己暗示の効果があります。護符は嘆願書のようなもの。 護符が身につけ、自分自身が幸運や身を守る力を引き出すと信じることで、実際の結果が得られると考えられています。

ただし、自作の護符が効果的かどうかは個人差があります。

願望成就のための強力な護符を求める場合は、やはり霊能者や神職、本物の占い師に依頼するのが早いでしょう。

スポンサーリンク

護符の自作方法

護符を自作する、一般的な手順をご紹介します。

目的を決める

自分がどのような目的で護符を作りたいのかを決めます。

例:良い運気を呼び込む、身を守る、恋愛成就など。

材料を用意する

自分の目的に合った材料を用意します。

例えば、赤い糸や緑の葉っぱ、宝石や天然石、紙や布など。

記号を決める

護符に込める意味を表す記号を決めます。

例えば、心を表す「ハート」や安らぎを表す「ハイビスカス」などがあります。

護符を作る

材料と記号を組み合わせて、護符を作ります。

赤い糸を結んでハートの形を作ったり、緑の葉っぱを添えたり、天然石を糸に通すなど。

祈りを捧げる

護符を作り終えたら、自分の願いや祈りを込めて捧げます。自分の手のひらに護符をのせて、心の中で祈りを唱えます。

スポンサーリンク

金運が上がる護符の書き方

金運が上がる護符の書き方は、以下。

材料

赤い筆記用具、金色のペン、赤い紙(または白い紙に赤いインク)

シンボル

金運を象徴するシンボル(例:金貨、金箔、金色のビーズなど)

作り方

  • 赤い紙に、金色のペンやインクで自分の名前や生年月日を書きます。
  • その上に、金色のペンやインクで金運を象徴するシンボルを描きます。
  • 赤い筆記用具で、以下のような言葉を書きます。「金運上昇」など、自分が望む言葉
  • 最後に、護符に自分の意志を込めて、願いを唱えます。例「私に豊かさと幸運をもたらすように、この護符を作ります。私の金運が上がり、財運が繁栄するようにお願いします」

護符を作ったあとは、護符を財布に入れて持ち歩いたり、身につけることで、金運が上昇するでしょう。

また、護符を作るだけではなく、自分自身も努力し、機会を見逃さずチャンスを掴むことも大切です。

護符の自作|印刷した護符でも効果ある?

印刷された護符でも、形状や模様、文字などが持つエネルギーを利用できるため、一定の効果があるとされています。

ただし、護符を印刷する際には、以下の点に注意する必要があります。

インクや紙の質に注意
印刷された護符は、印刷に使われたインクや紙の質によって、本来の効果が損なわれることがあります。できるだけ高品質な印刷機器やインク、紙を使うようにしましょう。

自分自身の意識を持つことを忘れずに
護符は、その形状や模様、文字などが持つエネルギーを利用することで、効果を発揮します。しかし、自分自身の意識や願いも重要。護符を印刷した場合でも、自分自身の意識を持って、願いを込めるようにしましょう。

適切な使い方をする
護符は、効果を発揮するために適切な使い方が必要です。護符を印刷した場合でも、適切な場所に丁寧に保管し、大切に扱うようにしましょう。

よく効く護符おすすめ
復縁、金運上昇、運気上昇を助ける「よく効く護符」のおすすめはこちら。
護符
スポンサーリンク
スピリッツの導き-SPIGOFU-