PR

護符を他人に見られるとどうなる?ご利益がなくなる?

護符を他人に見られるとどうなる?ご利益がなくなる?護符

護符を他人に見られるとどうなるのか?、ご利益がなくなるのか――についてお話します。

スポンサーリンク

護符を他人に見られるとどうなるのか

護符には、貼りつけて加護を得るタイプのものと、誰にも見せずに持ち歩き、自分のみが見ることを許されるものの2種類があります。

貼るタイプの護符

貼り付ける護符は、よほどの場所に飾らない限りはどうしても人には見られます。

この場合、自ら見せびらかすなどしない限り、護符の力はなくなりません。

自分だけが見るための護符

護符の作成者に「人に見せてはいけない」と言われた場合は、他人の目に留まらぬ場所に貼り付ける・保管などし、人目を避けて所持する必要があります。

他人に見られることで、即座に護符の効果が失われるわけではありませんが、護符の力を最大限に保つためにも、他人に見られないように持ち歩くことが望ましいです。

スポンサーリンク

護符をプレゼントすると、見られたことになる?

護符の種類にもよりますが、他人に絶対に見られてはいけないタイプの護符でない限り、護符は大切な人へのプレゼントにしても問題ありません。

護符のみでなく、お守りやパワーストーンなども、相手にとって良い意味での助けになることがあります。

ただし、護符には個人的な信念や思いが込められている場合があるため、相手がその意味を理解しているかどうかや、その護符を受け取ることに対してどのような感情を持っているかを考慮する必要があります。

また、宗教的な意味合いを持つ護符の場合は、相手の宗教観に配慮して選ぶ必要があります。相手が自分で選んだ護符を持っている場合には、重複してしまわないかも確認する必要があります。

護符をプレゼントしたからといって「他人に見られた」とはなりませんが、相手の状況や感情を考慮し、喜んで使ってくれる護符を贈ることが大切です。

スポンサーリンク

人に見られた護符は、作り直したほうがいい?

ぜったいに人に見せてはいけない護符を見られてしまった場合で、護符の効果が信じられなくなったときは、護符を再度、術者からいただくほうがよいでしょう。

疑いながらでは、護符の力が発揮されないためです。信頼できる霊能者や巫女に依頼して、再作成を依頼しましょう。

ただ、人に見られたからといって、効果がまったくなくなるわけではないため、護符の作り直しは個人の気持ち次第になります。

見られたあと、より一層気を付けて、なるべく人に見られないように立ち振る舞うのが大切です。

しばらく様子を見て、効果が薄れたと感じた場合は買いなおすことも検討しましょう。

よく効く護符おすすめ
復縁、金運上昇、運気上昇を助ける「よく効く護符」のおすすめはこちら。
護符
スポンサーリンク
スピリッツの導き-SPIGOFU-